自分が射精障害であることを辛く悩む男性

勃起障害とはちょっと違う!?射精障害とは

ストレスが原因で勃起障害になることも

勃起障害はストレスが原因でなる事もあります。
この場合朝は勃起するだけの力があるもののいざ相手を目の前にすると勃起障害が起こったり、コンドームを付けるときに中折れしてしまうのです。
過去に性交に失敗した経験がストレスとなり勃起障害になる事もあります。
また失敗してしまったらどうしようという気持ちがあればなかなか勃起しなくなるのです。
さらにこれが原因で性欲そのものが減退してしまうことも少なくありません。
性欲が無ければそもそも勃起しませんので深刻な事態になります。
他にも子作りのプレッシャーからストレスとなり勃起障害の原因になる事もあるのです。
奥様から子どもが欲しいとせがまれ、できないと自分のせいにされるということが大きなストレスとなります。
このような事が原因でセックスレスとなり夫婦仲が悪くなり最悪の場合離婚になることも少なくありません。
勃起不全の解消のためには夫婦2人で解消する必要があります。
もしも自分の夫が勃起不全でしたらストレスを与えていないかどうかを見直してください。
慰めているので大丈夫と思われるかもしれませんがその慰め自体が男性の自尊心を傷つけている場合もあるのです。
男性は自分が勃起もできない最低な人間だと自己嫌悪に陥ってしまいます。
心因性の場合はストレスの原因が根本的に解決されればまた治る場合もあります。
まずはお医者さんに行って相談してみましょう。必要があれば勃起不全治療薬を処方してもらえばいいのです。
薬によって勃起不全を解消するのは良くないと思われるかもしれませんがそのようなこだわりをなくすことが解消の第一歩になります。
自分の勃起不全の原因と向き合うことも男性にとっては大事です。