自分が射精障害であることを辛く悩む男性

勃起障害とはちょっと違う!?射精障害とは

勃起障害予防のための食事について

勃起障害は、肥満が原因でかかりやすくなると言われています。肥満になることで、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなります。また、動脈硬化が進行するため、血流も悪くなります。その結果、勃起に必要な血液が海綿体に流れ込みにくくなり、勃起障害を引き起こすようになります。
勃起障害を予防するためには、食事が重要になります。食事を改善することにより肥満や生活習慣病の予防になります。肥満や生活習慣病の予防を心がけることが勃起障害予防にもつながります。食事で一番大切なことは、食べ過ぎないことです。腹八分目を心がけるようにします。また、タンパク質は身体に必要な栄養素の一つですが、肉類には、コレステロールも多く含まれています。コレステロールは、血管障害を起こしやすいため、魚や大豆製品からタンパク質を摂取するようにします。肉類中心の洋食から和食を中心とした食事に切り替えることも効果的です。
不足しがちな栄養素であるビタミンやミネラル、食物繊維を含む野菜や海藻、きのこ類は積極的に摂るようにし、バランスの良い食生活を心がけます。ただし、果物は、多くの糖類を含んでいるため、摂りすぎには注意します。塩分の摂りすぎは、高血圧を引き起こします。薄味を心がけつつ、塩分がたくさん含まれているインスタント食品や加工食品は食べ過ぎないように注意します。
食事の内容だけでなくスタイルも見直しが必要です。食べる際には、噛まずに飲み込むような食べ方は辞め、しっかりとよく噛んで食べるようにします。また、早食いや不規則な食事、夜食や間食を摂っている場合などは肥満に繋がりやすいです。改善することで勃起障害の予防にも間接的に役立ちます。