自分が射精障害であることを辛く悩む男性

勃起障害とはちょっと違う!?射精障害とは

射精障害の人に見られる傾向

日本では、最近射精障害の男性が増えてきているとされています。
以前は、性機能障害といえば、圧倒的にED(勃起不全障害)が多かったのですが、バイアグラに代表される画期的な治療薬の登場により、症状は劇的に改善されてきています。
その影に隠れるようにして、あまり注目されてこなかった射精障害ですが、最近では不妊症の原因として、治療の必要性が指摘されています。
射精障害の治療法としては、まずマスターベーションの方法を変更するやり方があります。
具体的には、ペニスを軽く握るようにし、手をゆっくり上下動させるなど性交時の刺激と近い刺激に慣れさせるようにします。
また、治療の補助器具として、いわゆる「オナホール」と呼ばれるものを使う場合もあるようです。
オナホールとは、女性の膣内に近い刺激を再現するため、デザインされたもので、マスターベーションの改善につながると効果が期待されています。
また、射精障害の人の場合、マスターベーションの仕方に問題があるだけでなく、精神的にも、仕事や人間関係のストレスなどを抱えており、それが原因でなかなか性交に集中できないということもあるようです。
こういったメンタル面の原因を取り除くことも射精障害の改善に重要な役割を果たすといえます。
以上、簡単ではありますが、説明を終わります。